のれんが持つ販促効果

 商品やサービスを販売する時に、まずは消費者に
「注目」してもらう必要があります。
どれだけ価値や自信のある商品やサービスでも、消費者にその存在を
知ってもらわなければ意味がありません。

そこで重要なのが、のれんを使ってお勧めの商品をアピールをすることです。

通常、のれんは店先にかけます。
お店に入るお客さんの他に、通行人の目にも止まりやすいので
宣伝広告として優秀な役割を果たしてくれるでしょう。

インパクトが強いほど人の目に止まりやすいため、
一発で何を宣伝しているのかが分かることがポイントです。

さらに文字、カラー、大きさなどによってお店の雰囲気も
変えることができます。
他のお店と差別化をすることができるので宣伝だけではなく
看板の意味合いとして利用するお店も少なくはありません。

一般的な看板よりも安く購入できるので、経費を削減したい
というお店にもおすすめです。

その上で、看板にはない販促効果が得られるので、取り入れた方が
何かとお得なのは間違いないでしょう。

いずれにしても、まずはお客さんに「注目」してもらい、お店の前で
少しでも「足を止めてもらうこと」を目的にデザインを考えて
取り入れてみることがおすすめされています。

足を止める

販売促進のためののれん活用例


販売促進のために様々な活用方法があります。
お店によっては、外観と店名だけではどんなお店なのか
分からないこともあります。
そのため、気になるけど不安で入れないという声も少なくはありません。

しかしのれんをかけることで、どんなお店なのかを
アピールすることができれば、新規顧客に繋げることができるでしょう。

また、どんなお店かは知っているけど何となく入りにくい
外観のお店も少なくはありません。

例えば、お店が町屋作りで敷居が高く感じる・・・
というケースもありますが、のれんをかけることで
一気に庶民感が出て入りやすさを誘発させる効果があります。

さらに、文字だけでなく商品写真をプリントすれば、
どんな商品が売られているのかが外から知ることができるので、
入店する前の不安を解消することもできます。

他には、居抜き物件で外装を変えていない場合でも、
お店を変更したことを簡単にアピールすることもできますし、
お店の目印になるという特徴もあります。

このように、販売促進におけるお店が抱える問題点を
解消してくれるのがメリットです。
アイデア次第なところがあるので、自分のお店に足りないものを
判断して制作することが、上手に活用するために
重要になってくるでしょう。